お気楽abc.〜快適生活宣言〜



HOME
はじめに
リンクについて
サイトマップ









〜老後の不安 医療・介護〜


日本は「長寿社会」となっています。
65歳以上の高齢者の数が増えてくると「介護」が必要な高齢者の数も
増えてきます。


2000年では208万人の高齢者の人が介護や支援を必要としていました。
そして25年後の2025年になると520万人の高齢者の人が介護を必要と
推測されています。

長寿社会では、「介護」は誰でも、どの家庭でも起こりえることです。
要介護者の発生率は、65歳〜69歳で3.5%ですが、加齢とともに急速に
高まり、80歳〜84歳では、22.5%になります。
85歳以上では、44.5%にもなると推測されています。

平均寿命が延び長生きをする反面、介護が必要となる確率も高くなってきます。

長寿社会を安心して生活するためにも、老後保障とともに介護保障も視野に
入れておく必要があります。

「公的介護保険」
公的介護保険は40歳以上の人が全員加入して介護保険を納め介護が必要と
なった時に所定の介護サービスを受けることができる保険です。

65歳以上の人を「第1号被保険者」、40歳〜64歳の人を「第2号被保険者」と
いいます。

介護保険を受けるには…
介護サービスを受けるには「介護を要する状態にある」との要介護認定を
受ける必要があります。

この要介護認定は介護の度合いに応じて「要支援」「要介護1〜要介護5」の
6段階に認定されます。

また、公的介護保険の給付は、要介護認定を受けた利用者が1割の利用料を
支払うことで、「現物給付」による介護サービスを受けることができます。

在宅サービスの支給限度額
「要支援」  ・・・61,500円 「要介護3」・・・267,500円
「要介護1」・・・165,800円 「要介護4」・・・306,000円
「要介護2」・・・194,800円 「要介護5」・・・358,300円