お気楽abc.〜快適生活宣言〜



HOME
はじめに
リンクについて
サイトマップ









〜老後の生活 公的年金は65歳から〜


60歳から65歳の5年間は無収入に?!

一般的に企業の定年は60歳のところが多いようです。
ということは、「60歳から仕事をしなくてもよくなる。」とよろこんでばかりいられ
ません。

そうです、国民年金は65歳にならないと受け取ることができないからです。

ここで問題なのは、この60歳から65歳の5年間をどう乗り切るかです。
自分の職場の定年が65歳の人は問題ありませんが、定年が60歳の人は
この5年間、無収入になってしまいます。

この5年間の最低日常生活費を簡単に計算すると…
1か月で22万円、1年で264万円、5年間で1320万円必要となってきます。

ですから最低でも、この60歳を迎える前までに無収入の5年間を乗り切るための
資産を準備しなくてはいけません。


年金は請求しないともらえない!

国民年金、厚生年金は65歳になったら受け取ることができます。
しかし、こちらから請求をしなければ年金を支払ってくれません。

65歳になったら年金の連絡がきて、何もしなくても年金がもらえると勘違いを
している人がいますが、国はそんなに優しくはないということです。