お気楽abc.〜快適生活宣言〜



HOME
はじめに
リンクについて
サイトマップ









〜野菜を作ろう〜

・まずは土の準備から

   プランターの底穴にネットを敷きます。
   鉢底ネットは、はさみで穴よりふたまわりほど大きめにカットして
   すべての穴をふさぐように1枚ずつ並べます。

   ネットがずれないように注意しながら、赤玉土(大粒)を高さ2cmほど
   入れます。
   軽石など一般的な鉢底土でも大丈夫ですが、土の酸度が
   変わらない赤玉土がベスト。

   プランターの縁から2cmほどの高さまで、培養土を入れます。
   縁まで土を入れると、水やりの時に土があふれ出してしまいますので、
   土の表面が縁より下の位置になるように入れましょう。

   種をまく前に、土を湿らせます。
   はす口のついたじょうろで、丁寧に吸水させていきます。
   底穴から水が出るくらい、たっぷり水をやりましょう。

・種まき
 種まきの方法

   ばらまき
     土全体に種をばらまく方法。
     種袋に折り目をつけたり、2つ折にした厚手の紙を使って、
     種が重ならないように均等にまきます。
     1〜2mmの細かい種はこの方法がベスト。

   すじまき
     2〜3mmの中粒の種は、土に深さ1cmほどのすじ(浅い溝)をつけ、
     種をまきます。
     種がすじからはみ出ないようにまき、上から土をかぶせます。

   点まき
     間隔を均等にあけて、種をまくのが点まきです。
     大粒の種に適しています。
     点の一箇所に3〜4粒ずつまとめて種をまき、間引いていく場合も
     あります。

     <間引き>
       発芽したら、苗の間隔をあけるために混み合ったところを
       間引きします。
       まだ小さな双葉のうちに1回目の間引き。
       ひょろひょろしたひ弱な芽から抜きます。
       ピンセットを使って丁寧に抜き取っていきます。

・野菜にはどんな肥料が?
   植物は根から水分と養分を吸収して育ちます。
   とくに生長に必要なのは、窒素、リン酸、カリの三大要素。
   茎や葉には窒素、花や実にはリン酸というように植物の部位によって
   必要とされる養分が異なります。

   これらの要素がバランスよく配合された肥料を使うことが大切です。
   ほかに、マグネシウムなどのミネラル分も植物が健康に育つための
   大事な要素です。

・丈夫に育てるポイント
   花よりも、生長過程で水と太陽の光がたっぷり必要な野菜。
   とくに、日差しが強く、土が乾きやすい夏場は充分注意が必要です。

   水は朝夕忘れずに!
     土の表面が少し乾いてきたら、鉢底から水が出るくらいたっぷり水やり。
     基本的には毎朝、水を与えるようにしましょう。(夏場は朝夕の2回)

     土が乾きやすいテラコッタのプランターは、とくに水切れに注意。
     勢いの強い水がかかると茎や葉が痛むので、葉が茂ってきたらはす口を
     はずしたじょうろで株元に静かに水をかけます。
     ときどき霧吹きで葉裏にも軽く水をかけると、葉ダニの予防にもなります。

   しっかりと光を当てる!
     野菜は日当たりを好むものが多く、レタスやトマトなどは最低でも
     4時間くらいの日照が必要です。
     プランターがベランダの陰になってしまう場合には、スタンドなどを使って
     日が当たる高い位置におきましょう。

     日当たりが非常に良いベランダには、夏場はすだれなどで遮光したほう
     が無難です。
     日当たりが悪いベランダには、アサツキなどが栽培に適しています。

・病気や害虫はこうやって退治
   病害虫が発生すると、株が傷んで充分に収穫できなくなります。
   被害を受けた茎や葉は二度と元には戻りません。
   日ごろから病害虫のチェックをして早めに対処することが大切です。

   アオムシはこまめに取って!
     チョウやガの仲間の幼虫は、葉裏について食害します。
     葉に小さな穴があいていたら、葉裏をチェックしましょう。
     アオムシを見つけ次第、割り箸やピンセットなどで取り去るのが基本。

   風通しをよくして菌をつけない!
     葉が込み合うと通気性が悪くなり、菌が発生しやすくなります。
     それが病気の原因になろことも多いので、葉が重ならないようにこまめに
     間引きして、風通しよくしましょう。

   駆除剤で予防する!
     アブラムシやアオムシが嫌う成分を抽出した駆除剤をスプレーして
     おけば、かなりの予防効果になります。
     酢酸を成分とした木酢液を薄めた液も殺菌とともに害虫の予防に有効。