お気楽abc.〜快適生活宣言〜



HOME
はじめに
リンクについて
サイトマップ









〜野菜つくりに必要なもの〜

・プランター
   野菜の種類にあわせたプランターを選ぶことが大切です。
   大きめのローボウルや横長のプランターなど表面が広く、ある程度の
   深さがあるものが適しています。

   トマトなど草丈が高くなる野菜は、深さ30cmぐらいの大型プランターが
   必要です。
   通気性の良いテラコッタ(素焼き鉢)、軽量で土が乾きにくいプラスチック
   など、素材ごとの特性も見極めよう。

・種
   ほとんどの野菜は種から育てることができます。
   種まきや栽培の適期、適温、種まき方法など、種袋に記載されている情報を
   チェックして、どの種をまくのか決めましょう。

   直射日光の当たらない場所で種袋を管理しているお店で、
   できるだけ新しいものを購入することをおすすめします。

・培養土
   栽培に適した土を使うのが、成功の秘訣。
   水はけと通気性がよく、保水力、保肥力のある土が最適です。

   家庭でのプランター栽培では市販の培養土を使うと手軽に始めることが
   できます。
   野菜つくりには、そのほか元肥や土壌の改良材などを用意すると
   よいでしょう。

   <元肥>
     種をまく前に、肥料を加えて土の基本的な養分を整えるのが『元肥』
     です。
     元肥には効果が数ヶ月持続する緩効性肥料を使います。
     化成肥料、有機質肥料など種類はさまざまあります。
     適量を土にくわえ、よく混ぜ込みましょう。

   <自分で配合するならこの割合>
     基本の用土を自分で混ぜて作ることもできます。
     野菜つくりに適した土の一般的な配合は、
     赤玉土(小粒) 7 : 腐葉土 3 。
     腐葉土は完熟したものを使いましょう。

・土入れ、じょうろなど
   プランターでの野菜つくりは、じょうろ、移植ごて、土入れなど
   一般的なガーデニングツールがあればOKです。
   じょうろは、はす口がはずせるものを選びましょう。
   移植ごては小型のものが使いやすいです。