お気楽abc.〜快適生活宣言〜



HOME
はじめに
リンクについて
サイトマップ









簡単やりくり術〜お肉編〜

・下処理いらずでそのまま冷凍!

   こま切れ肉や薄切り肉がちょこっと残ったら、迷わず冷凍。

   こま切れ肉は、小さくまとめて。
     一口サイズに手でまとめて、表面を押さえて平らにする。
     くっつかないように間隔をあけて、フリージングパックにならべて冷凍。

   <使い方>
     照り焼きハンバーグ風
       火が通ったらバラバラにならないように、凍ったままの肉に
       小麦粉をまぶしてフライパンで焼きます。
       しょうゆ、酒、みりんで味つけして、できあがり。

     炒め物に使うときは、3〜4分おいてから包丁でザクザク切る。
     煮物なら、そのまま煮汁に入れて。
     ミニサイズだから、汁物のこく出しなど、ちょこっと使いたいときに
     便利です。

   薄切り肉はトレーの重なりのまま。
     トレーに入っていたときの、重なった形をくずさないように
     フリージングパックに入れ、冷凍する。

   <使い方>
     とんかつ風
       凍ったまま長さを半分に切り、ころもを付けて揚げます。
       薄切り肉とは思えない、ボリュームのあるカツになります。

     煮物、炒め物にするときは、こま切れ肉と同様に、凍ったまま
     切って調理します。

・下味をつけて水っぽさをシャットアウト!
   そのまま凍らせると、水っぽくなりがちな鶏肉やひき肉。
   下味をからめて、表面をガードするのがおいしさを逃がさないポイント。

   鳥もも肉は、下味をつけてまるごと冷凍。
     フリージングパックに鳥もも肉を一枚ずつ入れ、しょうゆ、砂糖、酒を
     加えて、パックの外から手で軽くもみ込みます。
     口をしっかりと閉め、平らにならして冷凍庫に。
     手羽先も同様に冷凍できます。

   <使い方>
     照り焼きチキン
       凍ったまま耐熱皿にのせてラップをかけ、電子レンジで9分ほど。
       熱いうちに、水溶き片栗粉で煮汁にとろみをつけて鶏肉に
       からめます。
       フライパンいらず、味付けいらずのラクラク照り焼きチキンの
       できあがり。

     小さくカットしてから同様に冷凍すれば、からあげなどにも使えます。

   ひき肉は薄くのばしてからみぞをつけて小分けに
     フリージングパックにひき肉をいれ、しょうゆ大さじ2、酒、砂糖各大さじ1
     を加えて、パックの外からもみ込みます。
     空気を抜きながら、厚さ5mmくらいのシート状に手で伸ばして、
     使いやすいように、菜ばしで格子状に溝をつけます。

   <使い方>
     重ね蒸し
       凍ったまま、溝にそって使う分だけをパキッを折り、耐熱皿に
       キャベツ、ひき肉、キャベツ、ひき肉の順番に重ねてひきつけます。
       ラップをかけて電子レンジで9分ほど加熱をすれば、ひき肉の
       うまみたっぷりの重ね蒸しに。

     炒めるときは、油があたたまる前にひき肉をいれ、酒ふって
     ほぐしながら炒めます。

     そぼろあんにするときはひたひたの水に入れ、中火で
     くずしながら、5〜6分煮ます。
     しょうゆ、塩、こしょうで味をつけ、水溶き片栗粉でとろみをつけます。