お気楽abc.〜快適生活宣言〜



HOME
はじめに
リンクについて
サイトマップ









〜ガス節約術〜

・台所
  小さい鍋より大きい鍋に
     小さい鍋の方が早くお湯が沸きそうですが、実は大きい鍋の方が
     炎がより多くあたるため効率よくお湯が沸きます。

     鍋や、やかんを選ぶなら縦長のものより、底面積の広いものを
     選んだ方が経済的です。
     約1割は、時間もお金もお得です。

  中火がお得
     省エネ度は弱火よりも中火が一番。
     火力を無駄なく使えるから経済的。

     強火、中火、弱火、この3つで同じ量の水を沸かしたら一番早いのは?
     もちろん強火です。
     では、ガス代が一番高いのは?
     これは、弱火が一番高いんです。次が強火になります。
     中火が一番安くなります。

     弱火がお得だと思って、節約のつもりが実は一番コストが高くなることに。
     これからガスを使うときは、中火が基本です。

  炎を包み込む『省エネリング』
     炎がはみ出すことなく、上に上に!
     調理時間も短くなりお得。

     点火すると、普通なら横に広がってしまう炎をリングの壁が防止。
     炎はリングを伝わって上にあがって行きます。
     約20%のガス代の節約が可能です。

  そのつど湯沸し
     ポットで一日中保温している電気代よりも
     飲むたびに沸かすガス代のほうが経済的に。

     いつでも熱いお湯が出る電気ポットは便利ですが、一日中保温していると
     電気代のほうが高くついてしまうとになります。

     やかんで一日3回沸かすのと、一日2回沸かしてポットで保温するのを
     比べると一ヶ月で約700円の差がつきます。

・お風呂
  朝から水をはって準備
     夏と冬、外の気温に合わせて賢く使い分け。 
     お風呂を沸かすときにかかるガス代は、水温が高いほど、
     温まるのも早いので安く済みます。

     だから外気温の高い夏は、早めに水をはりましょう。
     朝から水をいれておき、日中の気温で水温をあげておきましょう。

     外気温が水温より低い冬は、反対に沸かす直前に入れるほうがお得。

  続けて入浴
     意外にかかる追い炊き代
     入浴時間をあわせれば追い炊き代は必要なし。

     追い炊き機能が付いているお風呂は便利ですが、人が入るたびに
     沸かしなおすと、無駄なガス代がかかります。

     家族4人でそのつど追い炊きをしたとすると1ヶ月で余分にガス代が
     約800円の違いがでます。
     入浴時間にあわせて沸かして、続けて入るようにしましょう。