お気楽abc.〜快適生活宣言〜



HOME
はじめに
リンクについて
サイトマップ









〜老後の資金作り 毎月の積み立て〜


高齢者世帯の平均貯蓄額

60歳以上の世帯の平均貯蓄額は約1900万円といわれています。

そして70歳以上の世帯になると、約2050万円となっています。
そのうち、3000万円以上の貯蓄を保有する世帯は全体の約3割を
占めているそうです。

積立てだけで老後の資金作り

30代で老後の生活が心配と考えている割合は、約8割にも達しています。

たしかに今の年金は保険料が増加し、年金の支給は減少し自分たちが年金を
受け取れる年齢になったときに年金だけでは生活できなくなるかもしれません。

しかし、こんな30代の人たちにも、まだ希望はあります。

この世代の人たちは年金を受け取るまでに、まだ時間がたくさん残っています。
時間を味方につけることで、「老後のための資金」を作ることも可能になります。

老後に向けた資産作りといっても、「コツコツ」と積み立てていくだけです。
積み立てと聞くと地味でめんどうと考える人もいると思いますが、大切な老後の
資金を作らなければならないので、安全そして確実に貯めていかなければなり
ません。

しかも、積み立てなら月々無理のない金額から少しずつ貯めていくことが可能!
積立期間も長くなれば長くなるほどお金の貯まるスピードも加速していきます。
このように積み立ては老後の資産作りには、もってこいと言ってよいでしょう。

この「積み立て」で注意することは、ただ闇雲に積み立てをするのではなく、
プランを立てて積み立てていかなければ、今の低金利の時代には資産を作る
ことはできません。

自分のライフプランを見直し、適切な金融商品を選び、管理してこそ初めて
老後の資産を作ることができます。

積み立ては、最初に積立プランをきちんと作ることが大切です。
プランがきちんとできていれば、あとは自動的にお金を貯めることも可能です。
また数年に1度の資産の見直しを行なっていくことも大切です。

毎月、「コツコツ」と投資信託などで積み立て、そうした努力が20年、30年と
続くことができれば、その努力は老後の資産として実を結ぶことになるだろう。